明けましておめでとうございます。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

また、新型コロナに罹患された方及び関係者の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。

昨年は再度の緊急事態宣言が発令されるなどコロナ禍が続く一年でした。
暗い話題が多い中、積極的な対策を講じる企業も多く見られました。M&Aの分野では、新規事業の開始、事業構造の変革や事業承継を目的として数多くのM&Aがなされ、M&A件数は過去最多となりました。当社もM&Aを検討する企業様を良い形で支援することができました。

2022年も環境変化の激しい一年が予想されます。コロナ禍の動向は未知数ですが、大規模な企業支援策は終息し始めており、政府支援頼りの経営は徐々に許されなくなります。また、金融市場では米国の利上げ開始が見込まれており、株式市場ひいてはM&A市場にどのような影響を与えるか注目に値します。

そのような中、当社は、依頼人の事業成功に向けM&A助言を中心とした意義あるサービスを提供し続けて参ります。

なお、コロナ禍で非対面が日常となりつつありますが、当社では信頼関係あってこその非対面だと考えており、重要局面では感染予防対策に十分配慮した上での対面会議を行うことも多くございます。ご理解の程、宜しくお願いいたします。

本年も一層のご指導、ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

スクエアコーポレートアドバイザリー株式会社
代表取締役 笹山 宏