大手会計事務所及び証券会社で豊富なM&A助言実績を有する公認会計士が、広い視点を持って顧客のM&Aを支援致します。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

当社の実績を追加しました。

「実績/クライアントの声」をご参照下さい。

【解説資料】株式配当率と株式コスト(株主資本コスト)

コロナ禍によって業績が見通しにくくなった企業を中心に、配当予想の開示を控える企業や無配を決定する企業が多く見られました。 株式を無配とできれば安い資金調達のようにも思えますが、実際は安いとは言えません。「タダほど高いもの …

【M&A市場】介護事業とM&A

シニア人口の増加に伴い介護事業の社会的な重要性は更に増すと予想されます。現在も引き続き事業参入・事業拡大を目的とした介護事業者のM&Aが規模の大小問わず盛んに行われています。 新規事業として参入した大企業の一部に …

【解説資料】サブスク企業の市場株式評価

昨今、サブスクビジネスは盛り上がりを見せています。ソフトウェアのサブスクはSaaSと呼ばれ、SaaS企業は証券市場で(従来型の企業に比べて)非常に高い取引倍率(財務数値と株価を比べた倍率)で取引されています。 M&amp …

【解説資料】統合ストラクチャー・統合比率の考え方(経営統合)

コロナ禍でも経営統合の動きは止まっていません。経営統合に際しては、経営の方向性や経営体制、実際の事業運営方針などの「統合後の青写真」の擦り合わせが重要なテーマとなりますが、資本面からは統合ストラクチャーや統合比率の議論も …

【解説資料】コロナ決算と事業組替え

多くの企業において今期からコロナの影響がフルに年次決算に寄与します。今は皆が危機感を共有しており、金融市場も企業に対して寛容です。今までできなかったグループ内再編や事業売却があれば、コロナ決算期である今期が良いタイミング …

【解説資料】外部との協業形態(業務提携・資本提携・JV)

協業形態は大きく①業務提携、②資本提携(出資)、③ジョイント・ベンチャー(JV)、④合併・買収による支配権獲得に分けられます。それぞれ協業関係の開始・運用・解消の面で一長一短があるため、何が最適かはケースバイケースですが …

【解説資料】後悔しない売却価額(経済合理性重視の場合)

M&Aにおいて売り手と買い手の利害は相反することが多く、通常、両者の間で真剣な交渉がなされます。ようやく話が纏まった後に次のような心の声や外部からの現実の声に悩まされるケースがしばしば有ります。「もっと高く売れた …

【解説資料】株価下落は割安買収の好機か?

新型コロナの感染拡大を受け市場株価は大幅に下落しました。株式を取得する点でM&Aと株式投資は類似しており、M&Aの世界でも割安買収の好機になるのではとの期待も耳にします。株価下落は割安買収につながるのでし …

当社の実績を追加致しました。

「実績/クライアントの声」をご参照下さい。

1 2 »

PAGETOP
Copyright © Square Corporate Advisory All Rights Reserved.